>

ホームページの知識を蓄えよう

作成者はいろいろな視点を見る必要がある

もしあなたがかなりのスキルを持った作成者であれば、おそらくいろんな方からホームページ作成の依頼が少しずつ来ると思います。

しかし、それは上手く作成出来たらの場合です。
ホームページの作成でその会社が何をマーケティングしたいのかを見極めないと、採用してくれないというのが多いでしょう。
またデザインや、汎用性、集客効果が高い、などの幾つかの高等技術を持ち合わせないと、依頼者は認めてくれないと思います。
ここが、作成者にとって最大の壁です。
世界中の人に見せるのですから、かなり信頼されるようなホームページを作らなくてはなりません。
それと比例するようにプレッシャーもかかってくるのです。
また多種多様な企業内容によって臨機応変にホームページの造り方も変わっていくので、幅広いスキルを身につけていかないと追いつけません。

何を重視するべきか

企業会社のジャンルは多種多様です。
アパレル会社、産業技術関係会社、貿易会社、広告会社などなど広範囲にわたって依頼をされる可能性が高いです。
もしあなたが専門の知識を活かしたいのならば、それ関係のホームページを趣味で作ってみるのはどうでしょうか。
そのホームページを掲示して、アクセス数をたくさん稼ぎ、実績にしてみせましょう。
そうすることで、依頼がもらえたり、信頼関係が築けられて、さらなるホームページ作成でのスキルアップがしやすくなるでしょう。
まずはあなたの売りを自己分析することです。
洋服が好きならばネットショップのホームオエージ作成の練習を、スポーツが好きならば、サポーターたちに情報を提供しやすいホームページを作成するなどを試してはどうでしょうか。


この記事をシェアする